2013年12月31日

思いがけない・・・





image/2013-12-31T14:42:57-1.jpg



仕事納めの日に
同僚から思いがけないプレゼント


「家に帰ってから見てね」と彼女。


ピンク色のキティちゃんの紙袋の中には
きれいにラッピングされた一冊の本と手紙・・・


   『誕生日おめでとう』


忙しくて、
自分でもすっかり忘れてた誕生日



私のために時間を使ってくれてありがとう
嬉しかったです




心癒されるワンちゃんたちの写真とともに
ポジティブになれる名言が書かれた本です
posted by ciel at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

傘がえらい事に・・・



仕事の帰り


ショックな出来事がありました




 

自転車で通勤している私


今日は天候も悪く、傘をさしての通勤となりました




 


帰りは雨もやんでいたので、自転車のハンドル部分に傘を掛けていたのですが


少し傘の位置が悪くてハンドルが持ちにくかったので、


走りながら傘の位置をズラそうとした時














ガガガガガッどんっ(衝撃)どんっ(衝撃)












前輪に傘が引っ掛かり〜の、転倒しそうになりぃ〜の








幸い、転倒は免れたものの










image/2013-11-29T14:51:20-4.jpg


傘がバナナのように曲がり









image/2013-11-29T14:51:20-5.jpg


前輪に付いていた反射板は破損










image/2013-11-29T14:51:20-3.jpg


傘の先っぽも破損













image/2013-11-29T14:51:20-1.jpg


柄が曲がっちゃたので、開くこともできず











image/2013-11-29T14:51:20-2.jpg


大きな穴まで開いてしまい












とても、とても

トホホな事になってしまいました もうやだ〜(悲しい顔)バッド(下向き矢印)










つくづく

どんくさい私。

傘は残念なことになっちゃったけれど、転ばなかっただけでも良かった・・・

と思うようにします










自転車に取り付ける傘を収納?できる道具

買ってこよう・・・













 

posted by ciel at 15:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

10月なのに・・・







いつまで暑いんだろう…







つい先日

涼しくなってきたあ〜って喜んでいたのに…


今日は30度!


131011_1356~01.jpg









暑くなったり、涼しくなったり


身体がついていけません…







扇風機

もうちょっと出してた方が良かったかちらん…?





分解して洗うのがめんどくさいので、

団扇で我慢です










早く涼しくなってくれないかなぁ〜…




近くの小学校のリコーダーの音色を

心地よく感じながら

窓辺で ぼ〜んやりしてしまいます…






image/2013-10-11T14:18:05-1.jpg



posted by ciel at 14:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

田舎道で出逢った人々・・・



家族三人で、海へと釣りに行ってきました。




父ちゃんと鉄砲玉が釣りに熱中している間

私は一人で海辺を散歩。。。






歩き出して30分程経過した頃

携帯が鳴りました



ん???

父ちゃんからの電話。


  「鉄砲玉が海に落っこちてボトボトなんやけど〜 ワッハッハッハッ」




    「いや・・・ワッハッハッハッって・・・ なんで落っこちたん?ケガはなかったん?」





どうやら、近くを通過したカヌーに糸を引っかけられて

そのまま竿ごと海へと引っ張られて落っこちたようです(−−;)

幸い、擦り傷程度で済んだからよかったぁ〜





というものの・・・





着替えを持って行ってなかったので、私が徒歩で買いに行くことになりました。

ど田舎の海。

果たして、コンビニなんてものがあるのでしょうか?






テクテク歩く・・・



地元の子どもらしき小学生くらいの女の子三人組に聞いてみた。


どうやら、買い物できる場所まではかなり歩かないといけない雰囲気・・・






もう少しテクテク歩く・・・

とても真面目そうで品のある?女子高校生7〜8人の集団と出逢う。

女子高校生ならきっとコンビニのある場所を知ってるはず!!

女子高校生って、少ぉ〜し苦手なんだけれども、勇気を出して聞いてみた。



 「あの・・・この辺にコンビニってありますか?」




 「コンビニなら、この道を登っていくと国道に出ますので、国道沿いにあっちの方向へ15分くらい歩いて行かれるとあります」
 
 「コンビニのすぐ傍に、○○駅があるので、分かると思いますョ」

 「私たちも今、国道に向かっていますので、一緒に行きましょうか?」



 (なんて親切な女子高校生なのぉ〜〜゜ 。*☆゜・* オバちゃん感激 T∀T )





 「あ・・・。いえ・・・なんとか行けると思うから、行ってみますね。 ありがとうございます♪」





国道ね♪ ○○駅ね♪

国道沿いに出るのね♪ ハ〜イ♪






テクテク 。。。テクテク。。。 テクテク。。。 

10分程歩いた








image/2013-10-01T12:32:07-2.jpg


左手 線路が続く

右手 あたり一面 田んぼ




チュン♪チュン♪小鳥が鳴き

リ〜ン リ〜ン 秋の虫の音

数匹のトンボが舞っています







のどか〜〜〜かわいい

って





国道はどこっ?






しばらく歩いていると、向こう側から自転車に乗った一人の中学生くらいの少年。

今ここでこの子逃すと、もう誰にも会えない、すれ違わない!

それくらい、ど田舎っ!




 「あの!この辺にコンビニありますか?」 




ジェスチャーつきで道を教えてくれた少年。

たぶん鉄砲玉と同じ歳くらい・・・。 

ありがと〜う♪





最初に道を聞いてから、30〜40分くらい歩きました。

やっと見つけたコンビニ。

そのコンビニが、女子高校生の教えてくれたコンビニかどうかは不明だけど

○○駅かな・・・?らしき、小さな小さな駅はありました。

ちゃんと見ていないと、見落として素通りしそうですたらーっ(汗)









image/2013-10-01T12:32:07-1.jpg


無事、着替えを買う事が出来ました。

道を教えてくださった親切な方々

どうもありがとうございます。




posted by ciel at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

夢を見た・・・



夢を見ました。




父方の祖父と祖母の夢。

二人ともすでに他界しているんだけれども、怖いとかそんな感覚はなくて

普通に話をしている私。




どこかに遊びに出かけた時の帰りで、祖父母の家に立ち寄り

今日は泊まって行ったら? みたいな感じになって、

自宅に帰ろうか、泊まって行くかで迷っている私。




でも、

せっかく久しぶりに逢えたのだし、次にいつ逢えるか分からないし
(なぜか夢の中では祖父母は生きている設定・・・^^;)


今、一緒に過ごせる時間を大事にしたいな・・・ってその時思ったから

泊まる事にした。



畳の部屋に、川の字のようにお布団が並べられている部屋。

幼いころ、祖父母が泊まりに来てくれた時に

よくそのように一緒に寝ました。

さぁ、寝ようか・・・ というところで夢はおしまい






で、なぜか次の夢へ・・・





大工さんの棟梁と話をしている私。

まだ新米らしき青年が、何やら工具を探している様子・・・


 棟梁 「おい!いつも言ってんだろうが!道具を大事にしねぇ奴は仕事も一丁前にできねぇんだよ!」 (なぜか江戸っ子口調 ^^;)



し〜ん とした空気の中でドキドキしながらも、

そりゃ尤もだわね・・・

どこの世界も大変だよね。頑張れ新人さん。そうやって強くなって行くんだよ。

などと、妙におばさんじみている私・・・




そこで目が覚めた。








どちらの夢も、今の私の心の中を表しいた夢でした





最近

家族について思うことがあります。



家族って、たまたまその家族の一員としてそこに集結?したわけで

もともとは一人の人間。

親子にしても、兄弟にしても

一緒の家庭の中、ひとつ屋根の下で過ごせる時間って期間限定であり

ずっとずっと一緒ってわけにはいかない。




生まれた時にたまたま両親として出会った人に育ててもらい

たまたま兄弟として出会った人と過ごし・・・

そしていつかはそこから巣立ち

そしてまた自分の家族を持ち、我が子として出会うことの出来た一人の人間を育てながら一緒に過ごす・・・




そしてその我が子という一人の人間も、いつかは我が家という小屋から巣立ち

自分の人生を歩んでいく事になる。







あるいは

死別なんてことも十分ありえる。

自分より先に生まれた親とは、当然いつかは訪れるのは事実






ひとつ屋根の下で家族として毎日一緒に過ごせる時間は、色々な意味を含めて

期間限定だな・・・って



今一緒にいる家族としての時間を大事にしようって思います。









それと、

仕事の事。



またまだ努力が必要な事ばかり。

アラフォー世代でいたずらに歳を重ねただけの、弱っちぃ私。

もう嫌〜〜!! って私と、

でも頑張らなくちゃ!!って私とが 行ったり来たり・・・


大地震が来た時の周波計のように気持ちが

UP↑ DOWN↓ UP↑ DOWN↓ 








こんな調子だから見た夢だと思います。



どちらの夢も、自分へのエールを送ってくれているかのような夢。
(自分で見た夢なのに自分へのエールってのも変だけど・・・)









はたから見ると どぉ〜でもいいじゃんって夢の話だけれども


な〜んか 妙に記憶に残る夢だったので書き留めておくことにしました。





以上!














posted by ciel at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。